ほんとうに効果があるの?ミラドライの効果

女性を悩ますわきのトラブル

海に山にと本来夏という季節はとても楽しいものです。ところが、多汗症やわきがを抱えた女性にとっては一年で最も憂鬱になる季節でもあるわけです。お気に入りの服を着ても、わきの当たりに大きな染みができてしまったり、鼻をつく嫌な臭いを気にしたり、とても楽しむ雰囲気ではありませんよね。わきのトラブルはどちらも原因になっているのは汗腺です。多汗症はエクリン汗腺、わきがはアポクリン汗腺が原因と言われています。わきがの原因はアポクリン汗腺が多いことで、これは遺伝によって伝わります。両親ともわきがの場合、実に80%の確率で遺伝することがわかっています。

3つの治療法のメリット・デメリット

わきがを治療する方法は、代表的なもので3つほど存在します。まず、外科的に患部を切開しアポクリン汗腺そのものを除去してしまう方法。次にボトックスと呼ばれる薬剤を患部に注射して処置する方法。そして、最近注目を集める、患部にマイクロ波を照射して汗腺を破壊するミラドライがあります。切開方法はほぼ永久的に根治することが可能ですが手術痕が残ることもありますから注意しなければいけません。ボットクス注射は、痕も残りませんし痛みもさほど感じませんが、厚労省の認可を受けているものですと7万弱もの費用がかかり効果は半年ほどです。

ミラドライを勧める理由

ミラドライはマイクロ波を照射することで汗腺を破壊しますから、効果は長期間に及ぶと言われています。痛みもそれほど強くありませんし傷跡も若干腫れるていどで自然に収まっていくことがほとんどです。マイクロ波は水分に作用するため汗をため込んでいる汗腺にのみ作用し、他の器官への影響を最小限にとどめることが可能です。また、多汗症の原因であるエクリン汗腺は皮膚の比較的浅い部分に存在していますが、照射位置をずらすことでわきがの治療と同時に行うことができるのです。ただし、どのような治療を受けるにあたっても、実績のある信頼できる治療院を選ぶことが重要ですね。

気になる「わきが」を根本的に解決するためには、かつてはわきにメスを入れて、汗腺を取るしかありませんでした。しかし「ミラドライ」なら、マイクロ波を用いて汗腺を壊すので、皮膚を切らずに治療できます。

Comments are closed.