虫歯の詰め物治療!目立たない治療法の選択!

軽い虫歯の治療の仕方

虫歯の治療は歯医者に行く理由のうち最もポピュラーなものの一つです。中には虫歯その物を抜かなければならない酷いケースもありますが、大抵は虫歯の箇所を削って処置するだけの軽いものでしょう。神経を抜いたり適切な薬剤などを詰めたり、虫歯の深度に合わせて細かい治療法は様々ですが、最後にインレーと呼ばれる詰め物を詰めて終了する場合が一般的でしょう。詰め物はその後ずっと口の中に残るため、口の中の見た目にも関わってきますよね。

長く付き合う詰め物!その種類は?

詰め物の役割は虫歯によって開いてしまった穴をふさぎ歯として食べ物を噛む機能を復活させることにあります。また、そこから再び虫歯が進行しないよう防止する効果もありますよね。詰め物の材質として知られているのは主に、セラミック、プラスチック、金合金、メタルインレーです。このうちメタルインレーは正確には金銀パラジウム合金で、いわゆる銀色の一番ポピュラーな詰め物です。保険適用なので安価だということが特徴ですが、銀歯なので目立ちます。

目立たない詰め物の選択

前歯に近い方や、口を開けたときに見え易い下の歯などは目立たない詰め物にするのも良い選択です。歯の色に近いものはセラミックインレーかプラスチックの物が普及しています。セラミックは陶器と同じ材料なので硬く丈夫なのが特徴です。長く使っていると気になる着色・変色にも強い優れた素材と言えます。デメリットは保険が適用されないので高価だということです。保険適用で目立たないものはプラスチックの詰め物です。色も他の歯に合わせて微妙に変えられ目立ちませんが、強度が多少弱いという欠点もあります。永く付き合うものなので、それぞれの特性を理解し、気に入ったものを選ぶことが重要になります。

歯のセラミックの料金は銀歯に比べて高くなりますが、仕上がりがキレイですし、虫歯にもなりにくいのでおすすめです。

コメントは停止中です。