HPを見れば、歯科医のセンス・医術がわかります。

先生と呼ばれても、給料はサラリーマン並。

同じ医者でも、歯科医は掃いて捨てるほど沢山います。コンビニの数より歯科医院の数のほうが多いのは、明らかに国の失策です。予防歯科が普及した今日では虫歯になる児童が減少して、学校で行う歯科検診にガッカリする歯科医もいるくらいです。医大並の高額授業料を払って歯科医になっても、一般医師とは収入面でも雲泥の差が生じています。勤務医の歯科医では、残業代を入れても年収600万円ほどで、一般サラリーマンと大差がありません。

歯科医院はどこも火の車、過度なサービスは注意。

6年間で3000万円以上の授業料を掛けて歯科医になったら、勤務歯科医では割の良い仕事とは呼べず、5000万円程度の初期投資を掛けても開業するのが歯科医の現状です。そのため、街にはコンビニより多い歯科医院が誕生して、客(患者)の奪い合いを行います。痛くない治療は歯科医として当然、治療中に音楽やDVDが見られるのも当たり前、待ち時間にコーヒーや治療後にデザートを出す歯科医院まであります。虫歯にデザートとツッコミを入れたくなりますが、なりふり構っていられないのが現在の歯科経営です。

歯科医院HPの有無が、歯科医選びに重要。

歯科医になるには歯科大学へ行く必要がありますが、東京を除けば県に1校、歯科大学があれば良いほうで県に1校もないとこもあります。そのため、歯科医師会に所属するメンバーは同大の先輩後輩の間柄で、同じような歯科治療法を習得しているので、どの歯科医院に掛かっても大差はありません。しかし、歯科医院の口コミサイトには、良い歯科・悪い歯科が存在します。日進月歩の歯科では、患者の負担が少ない治療を行うために新しい設備を導入しないと、腕の悪い歯科医として口コミサイトにアップされ、一度悪い評価がされると恒久的に残ります。良い歯医者の選び方は、設備、得意とする治療分野、治療実績、治療費用などをネット(ホームページ)に載せているかどうかです。今時分、ネットも扱えない歯科医では、患者の負担が少ない最新の治療は受けれないと覚悟しましょう。

恵比寿の歯医者では、レーザー治療を行っていて、レーザーで治療することによって、歯の表面が強化されるので虫歯になりにくくなってきます。

Comments are closed.