注目!歯列矯正を行う前に知っておきたいこと

認定医や専門医がいる歯科医院を選ぶ

歯並びは良いに越したことはありません。歯並びが良いだけでも、笑顔が素敵に見えたりと周囲に対しても様々な好影響があります。また、歯磨きがし易くなりますので、虫歯や歯周病などのリスクを抑えることも出来ます。歯並びが自然と綺麗になれば一番良いのですが、そのような人はあまり多くありません。ですので、人為的に歯並びを綺麗にすることが必要となって来ます。歯列矯正は歯科医師免許を持っていれば誰でも行うことが可能ですが、歯科治療の中でも特殊な知識や技術を必要としますので、矯正歯科選びは慎重に行うことが重要です。矯正治療の認定医や専門医がいる矯正歯科でしたら、高い技術力が期待出来ます。

歯列矯正を行って後悔することは無い

歯並びを綺麗にする歯列矯正は、高額の費用がかかりますし、治療期間も長期間に及びます。費用は年齢などによっても異なりますが、100万円程度の費用負担が発生しますし、治療期間も歯を動かす為に2,3年を要し、その後は歯並びを固定する期間が必要となります。このような点をデメリットに感じてしまい、歯並びを綺麗にしたくても歯列矯正を行うのに躊躇される方も多いです。しかし、歯は一生物ですので、一生の間の2,3年間を歯列矯正に費やしても決して損することはありません。むしろ、将来には必ず歯列矯正をやっておいて良かったと思えますので、歯列矯正を前向きに検討することは非常にことです。

様々な矯正治療法から選択することが出来る

歯列矯正を言うと銀色のブラケットを装着したイメージが強いです。確かに、現在でもワイヤーと銀色のブラケットを使用した歯列矯正が基本となりますが、その他にも様々な矯正法を選ぶことが可能です。目立ち難い色のブラケットを使用したり、歯の裏側に矯正器具を装着するなどの方法もあります。またワイヤーを使用せずに、透明のマウスピースを装着して歯列矯正を行うことが出来ます。1日に20時間程度装着する必要がありますが、食事や歯磨きの際には外すことが出来ますので、ワイヤーでの治療よりもストレスを感じることなく矯正治療を進めることが可能です。

出っ歯の矯正は、裏側からの器具装着が向くと言われます。力のベクトルが歯を引っ張る方向になるので熟達した技術があれば細かい調整がし易く、個々の症例に最適な対応がし易い為です。

Comments are closed.